×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ベトナムの旅−ホーチミンその1 その2
2009年3月27日〜30日
ふと思い立ち、ベトナムに行くことにしました。すべてネットで予約。STW社を利用しました。
2009年4月
T 成田〜ホーチミン(3月27日)
ホーチミン空港着 圧倒的多数は女性だったような・・・
現地のガイドさんも女性 この日は、ホテルに着いたら寝るだけ。中級のリバーサイドホテルは、文字通りサイゴン川のすぐそば。左側の○○ルームでインターネットを自由に使える(有料と書いてありましたが、請求されませんでした)。
U クチトネル、メコン川クルーズ(3月28日)
クチトンネルとメコン川クルーズのオプショナルツアーに参加しました。クチトンネルは、解放戦線が作ったトンネルで今は観光用にごく一部が公開されています。沖縄の壕に比べるとより観光地化された感じがします。ガイドブックには必ず出ていますが、サイトでは、こちらこちらをどうぞ
ホテルから見る日の出。手前がサイゴン川
噂に聞いていたバイクを見下ろす。バイク関係はいやになるほど撮影。こちら
右側はフォー。さすがにありますね
あたかもソフトクリームのように見えますが・・・
ホテル〜クチトンネルまで
木に番号が。白いのは虫除け
横断幕に書いてあるのは? 地球儀のある交差点の名前が現時点では不明
自動車の先頭に花がついている 商売繁盛の意味がある?
交通整理? 後ろの電線に注目。もっとすごいのはこちら 郊外に出ると、畑に馬がいます。牛もいます(ここには写っていません)
クチトンネル 詳しい内容は工事中
ホーチミン市北西 グーグルアースで検索すると出てきますホテルとトンネル入り口をで示しました
昼食 メコンクルーズの前にレストランに寄り昼食です
店名が「ミスアオザイ」? 庭には蓮の花が咲いています
メニュー 何のジュースでしょうか?
丸いものを切っています。何でしょうか?
これが「エレファントイヤーフィッシュ」
できあがり
さきほどの丸いものの正体 それを作っているところ
メコン川クルーズ
3つポイントがあります。@メコン川を途中の島(中州)まで行く Aその中州で店によりおやつ(果物など)を食べたり、お茶を飲んだりする B小舟にのり水路を「クルーズ」
波止場 この船で中州まで行きます
これがメコン川
着いた中州の土産物屋にはウナがいました(^_^;)
蜂がここのウリの一つのようです 各種ドライフルーツ?
お茶もたっぷり 中学生が「遠足」に来ていました
別な店ですが、ここでもフルーツが
クルーズはこうした小舟に乗ります こぐのは大変。時々ため息が聞こえてきました
乗り場の建物のダイヤモンド・・・
夕食
典型的なベトナム料理のコースを食べようと思い、それなりのレストランに入りました
セット1を注文 写真は全部は撮っていませんでした(^_^;)
シーフードスープ 豚とエビ?
特別メニュー 焼きエビ
ビールはサイゴン 二本目はサンミゲル
果物
サイゴン川クルーズ
食事をしなくても、飲み物だけで乗ることができます。ホテルの向かい側が乗り場です(渡るのが大変だけど)。夜景を見るには今一つですが、まあ話のタネにはなるでしょう
グアバジュースを注文
見えるのは港の夜景(だけ)です
音楽の演奏 こんなショーもありました(^_^;)
川岸で涼んでいる人が一杯 約1時間半のクルーズです
V 市内巡り(3月29日)はこちら
筑附通信